オンライン講座
「コーチングスケイプ2.0スタンダード」

HOME | コーチングを学ぶ | オンライン講座「コーチングスケイプ2.0スタンダード」

「コーチングスケイプ2.0スタンダード」はどんな講座なの?

 
他のスクールとは少し違った考え方で作られた講座です。基本となるテクニックやスキルではなく、コーチング上級者が頭の中で働かせている考え方や着眼点を教える講座になっています。
 
もちろんスキルも教えますが、なぜそのようなスキルが機能するのか、なぜ必要なのかも教えます。この「なぜ」が理解できているのとそうでないとのとでは後の成長に大きな違いが生まれます。
 
「なぜ」が分かれば、どのような場面で使うかが理解できます。そしてどのような場面では機能しないか、時として逆効果になることも理解できるでしょう。このような学びを得た人は、一人一人のクライアントの違いに対応でき、さまざまな場面や状況に対する応用が利くようになります。
 
何を見て、何を考え、どのような言葉を繰り出すかが上級者と初心者ではまるで違うのです。であるならば、最初から見方、考え方、言葉遣いなどを学んだ方が上達が早くなります。
 
同じ時期に学び始めた人でも、やり方やテクニックを学んだ人と「頭の働かせ方」を学んだ人で成長の違いがあるでしょう。きっと最初はやり方を学んだ人の方が上手なコーチングをしているように見えると思います。しかし、その後訪れる上達の壁を乗り越えられるかはその人の努力次第で時間も掛かります。最初に考え方を学んだ人は、新しいスキルに出会ったときも「なぜ」が分かりますから、最初から使いこなすことが出来るようになります。上達の壁に遭遇したときもどう考えれば良いのかが分かります。最終的に上級者になれるのは「なぜ」を学んだ人なのです。
 
「コーチングスケイプ2.0スタンダード」はなぜを理解し、頭の働かせ方を学ぶ講座です。

 
 
コーチングの仕組み
 
 
傾聴の仕組み
 
 
質問が出来ない理由
 

あなたはどの段階にいますか?

 
スキルの上達の過程で、人は4つの状態になります。
 

①自覚のない無能

 自分に能力が無いということに気がついていない状態です。この人の特徴は自分以外に出来ない原因を求めることです。 たとえば「うちの犬、馬鹿犬だから」。ほとんどの場合、犬ではなく教え方や犬との接し方を知らない飼い主に原因があります。コーチングだと「このクライアントはコーチングに向いていないな」という言葉になります。上級者になればそのクライアントにコーチングが出来るはずです。

②自覚された無能

 自分に能力が無い、もしくは足りていないということを自覚した状態です。その能力が自分に必要だと思えば学びの意識が生まれます。他の能力で補おうとする人もいるでしょう。いずれにしても自覚することから生まれる判断になります。この人はうまくいかない原因を自分に求めます。もし他責の言動がみられるのであれば、まだ第一段階にいます。本心から自分に能力が無いことを認めていないからです。

③自覚のない有能

 スキルはあるのですが、なぜ出来ているかが分かっていない状態です。行動しながら試行錯誤で出来るようになった人で、この人の特徴は不明瞭なアドバイスが多いと言うことです。「質より量をこなしなさい。やり続けていれば出来るようになるよ」といったものです。最初の行動が起こせない初心者へのアドバイスとしてはいささか不親切ですよね。教えるときに自分の体験談が多いのもこの状態の人の特徴のひとつです。

④自覚された有能

 能力もあり、自分が出来る理由も分かっている状態です。この人の特徴は適切な言葉でスキルを教えることが出来ることです。なぜそうなるのかといったスキルの原理や、どのような場面で有効かを教えることが出来ます。「なぜ」を理解しているので、説明も上手です。未体験の場面に遭遇しても、なぜが分かっているので適切な対処方法を自分で考えることが出来ます。この応用力がこの状態の最大の武器です。
 
ある人自身がどの段階にいるということではなく、あくまでスキルや能力に対しての話です。ある人がコーチングに関しては①の状態でも、マネジメントスキルに関しては④の状態ということは十分あり得るのです。コーチングスキルの中でも傾聴のスキルは②ですが、質問は③ということも同様にあり得ます。
 
そしてこの4つの段階は①から順に④に移行するのではありません。①から④に一気に移行することもあり得ます。④の状態になるための条件があり、それを満たせば可能性があるのです。その条件とは「なぜ」を知ることです。

 
 

 
 

スキルの上達には何が必要か?

 
私たちは日々コミュニケーションを取っています。対面やオンラインでのコミュニケーションもあれば、文章によるコミュニケーションもあります。つまり私たちは日々コミュニケーションスキルを駆使しているのです。普段のコミュニケーションに理想追求や成長といった目的を持たせたものなのです。
 
毎日繰り返されるコミュニケーションの中で、成功体験もあり失敗した体験もあるはずです。うまくいったのはなぜか?うまくいかなかったのはなぜか?
 
こうした経験の棚卸しをしながら、一定の枠組みで整理をしていきます。「なぜ」を整理された形で再構築すればスキルは上達します。コーチングは特殊なコミュニケーションスキルではありません。
 
①や②の段階であれば、まずは「なぜ」を学び、実体験と結びつけながら理解していきます。理解した後にコーチング体験を積み上げれば上級者への道を歩み始められます。
 
③の段階ならば、体験の棚卸しをしながら「なぜ」の枠組みに落とし込みながら整理していきます。漏れ抜けがないか、自分の課題は何かを考えながら、すでに学んだことをブラッシュアップすれば良いのです。

 
 


 
 

どのように学べば良いのでしょう?

 
コーチングなどのコミュニケーション系のスキルには絶対にこれだ!という正解はありません。正解はいくつも存在します。そして送り手ではなく受け手に成否の判断を委ねるという特徴もあります。
 
このような多様な要因の中で成立するスキルをどのように学べば良いのでしょうか。
 
ひとつは経験を整理する枠組み、その中でも良質な枠組みと出会う必要があります。
 
もうひとつは豊富な体験です。しかしながら1人の人間が経験できることには限りがあります。そこで仲間と話し合いながら経験を共有し合う必要があります。他者の経験を通して改めて考えてみる。自分の経験と他者の経験を対峙させてみる。こうした作業が多様な視点、着眼点を養うことになります。
 
「コーチングスケイプ2.0スタンダード」では、良質な学びの枠組みを用意しています。コーチングの必須スキルとなる質問では、聞きながら考える「訊く技術」を
 
・Why-What-Howで考える
・時間と空間の視点を持つ
・いいかえる質問
・くらべる質問
・たどる質問
 
といった枠組みで学んでいきます。
 
そして、経験の棚卸しでは受講生の体験を共有しながら各自の視点で考えてもらいます。これは独学では出来ない貴重な時間となります。
 
良質な学びを得ながら、上級者への道を最短ルートで進むカリキュラムが用意されているのが「コーチングスケイプ2.0スタンダード」なのです。

 
 
 
訊く技術の使い方(例)

どんな特徴や効果があるの?

聴く/訊く/伝えるの3要素を基礎から丁寧に解説!
→出来たつもりになりやすい基礎的な要素をくわしく解説します。
→コミュニケーションの基本技術を習得すれば仕事にも役立ちます。
 
詳しい解説テキストとワークシートの併用で理解しやすい!
→毎回、受講生の身近な例を元にスキルを紐解いていきます。
→2時間ですべて理解できなくても詳しいテキストがあるので安心です。
 
実際のコーチングで行われた全文書き起こしの事例付き
→テキストにプロ・コーチの行ったセッションを全文掲載しています。
→理論を実践と結びつけて学んでいきますので、納得しながら学べます。
 
Zoomを使ったオンライン講座です。
→場所に制限されずに家からでもコーチングが学べます。
→1回2時間の受講なので、会社帰りや育児の休憩中でも受講が可能です。
 
修了後も定期的にフォローアップ講座に無料で参加できます。
→修了後に得た体験を継続的に学びにつなげます。
→資格取得を目指す人もきちんとサポートがあるので安心です。
 

こんな人におすすめ!

コーチングスケイプが教えるコーチングはシンプルな「素」の状態のコーチングです。自分の持っている個性や専門性、プロフェッショナルを加味することで活躍の場が広がります!活かし方も講座の中でお伝えします。
 
デザイナーやプランナーなど、お客様の要望をくみ取りながら提案する仕事をしている方
専門分野やプロフェッショナル(士業など)を活かしてお客様の問題解決やアドバイスをする仕事の方
コーチとして自立し、コーチングを職業としたい方
 

VOICE

/ 受講生の声

論理や頭の使い方、本質が学べる

初めてコーチングを学びます。単なる知識やスキルとしてではなく、論理や頭の使い方、本質からコーチングを学べるので、どんな場面にも柔軟に対応できる応用に強いコーチングを基礎から習得できそうです。相手の話を傾聴し、真のニーズや感情を汲み取ることは、コミュニケーションを円滑に行う基本だと思います。ここで学ぶことは、日々のコミュニケーションや交渉、さらには説得の技術としても活用でき,コーチングを仕事にしない人にとっても有意義な講座だと思いました。
 

士業 / 50代女性

学びのブラッシュアップと自由な雰囲気が最高

すでにコーチとして有料セッションを行なっていますが、もっと深く実践的な知識や経験を積みたくて参加しました。まさに、実践さながらのデモをたくさん経験できることで、毎回新しい気づきや再認識があり、自分自身の学びのブラッシュを実感できる講座です。少人数で毎回2時間という短時間集中の積み重ねは、思っていた以上に楽しくじっくり学びたい方にはとてもオススメです。また、参加者のみなさんで講座全体の雰囲気を作り出しているのをすごく感じ、それを尊重してくれている講師の大森さんの懐の深さがまた心地よいです。
 

自営業/40代女性

翌日からすぐ仕事に活かせています

キャリア支援の仕事をしていて、以前からコーチングに興味がありました。この春に海外から戻り、知人からこの講座を教えて頂きました。オンラインで場所を選ばず、普段の生活にも活かせる自然な手法が学べて、資格取得も可能なスキルで、初心者でも取り組みやすそうなところが魅力に感じました。実習も多く実践的に学べています。体感しながら理解するので、次の日から仕事に活かせています。グループで取り組むことも多く、他の受講生のやり方を見ることで勉強になります。
 

人材コンサルタント / 30代女性

自然な会話で気づきを与える

これまでに3つのスクールに通いましたがコーチングスキルのブラッシュアップを続けようと思いこの講座の受講を決めました。
1回2時間オンラインでの授業は、移動時間が不要だし集中するにはちょうど良い時間で参加しやすいです。型を学ぶというより、自然な会話の中でどう気づきを与えるか?を重点的に学ぶので、人と対話する機会がある人なら誰でも必要なスキルだと思います。
 

自営業 / 50代女性

受講しやすさが魅力

以前に資格取得を目指して他のスクールでコーチングを学びました。午前午後の終日講義でした。小さな子供を持つ私は家を空けづらく、しかも高額なので上級クラスの受講を諦めていました。そんなときにこのスクールが開校するという話を聞き、調べたらすべてオンラインで1回2時間の講座とのこと。これなら私にも出来そうだったので受講を決めました。コーチングの実技演習も多く実践的な内容です。自分の悩みもクライアント体験で解決のヒントも見つかりますから一石二鳥です。

 
キャリアコンサルタント / 40代女性
カリキュラム概要
 コーチングを行うために必要な思考を鍛えるためのカリキュラムです。7つのパートに分けられています。
 

コーチング・エッシェンシャルズ

なぜコーチングが機能するのか?という仕組みやコーチングの本質、ティーチング(教えること)とコーチングの使い分け方、またコーチングではどのようなことを行い、コーチは何を考えればよいのかを学びます。

コーチング・ファウンデーション

コーチングは手練手管のスキルで相手をコントロールするものではありません。人と人との対話の中で成果を生み出すスキルです。コーチ自身もコーチングの成果に影響を与えています。このパートではスキルを使う人、つまり自分自身について学んでいきます。

聴く技術

人の話を聴くというのはどういうことか。聴いているときにコーチの頭の中で何が起こっているのかを学びながら、傾聴の仕組みを理解していきます。コーチングスケイプが大切にしている「風景」も体感しながら学びます。

訊く技術

質問を学ぶパートですが、質問文を学ぶのではなく、聞きながら考える技術を習得します。優秀なコーチは考えずに100%耳を傾けているのではありません。あることを考えていますが、この仕組みを6回のレッスンで学んでいきます。

感情を知る

人は感情で動きます。同様に動かない理由も感情にあります。コーチングが機能しないときのクライアントの感情の仕組みを学びます。

伝える技術

人に何かを伝えるのはとても難しいことです。自分が伝える内容を適切な言葉にすることも大切ですが、受け取る相手が受け取りやすい形で伝えることが何よりも大切なのです。コーチはクライアントに何をどのように伝えるのかをこのパートで学びます。

実践的アプローチ

実際にプロのコーチが行ったセッションを題材に学びを深めていきます。自分の専門分野を活かしたコーチングの実践方法や、コーチングの始め方(クライアント獲得、契約など)や、個人契約と法人契約の違いなど、現実的な留意点などをしながら実践的なアプローチを学びます。

総合演習

学んだことを確認しながら、最終的に一人一人に会ったスタイルのコーチングを身につけていきます。

開講スケジュール

コーチングスケイプ 2.0 スタンダード(シーズン6)

2021年5月開講 定員8名 (申込期限 5月2日)※4月18日まで早割価格10%オフ
講師:コーチングスケイプ代表 大森隆

 モジュール名 日時
M1 コーチング・エッセンシャルズ(1) 5月9日 日曜日 9:30-11:30
M2 コーチング・エッセンシャルズ(2) 5月16日 日曜日 9:30-11:30
M3 コーチング・エッセンシャルズ(3) 5月30日 日曜日 9:30-11:30
M4 コーチング・ファウンデーション(1) 6月6日 日曜日 9:30-11:30
M5 コーチング・ファウンデーション(2) 6月13日 日曜日 9:30-11:30
M6 コーチング・ファウンデーション(3) 6月27日 日曜日 9:30-11:30
M7 聴く技術(1) 7月4日 日曜日 9:30-11:30
M8 聴く技術(2) 7月11日 日曜日 9:30-11:30
M9 聴く技術(3) 7月18日 日曜日 9:30-11:30
M10 訊く技術(1) 8月1日 日曜日 9:30-11:30
M11 訊く技術(2) 8月22日 日曜日 9:30-11:30
M12 訊く技術(3) 8月29日 日曜日 9:30-11:30
M13 訊く技術(4) 9月5日 日曜日 9:30-11:30
M14 訊く技術(5) 9月12日 日曜日 9:30-11:30
M15 訊く技術(6) 9月26日 日曜日 9:30-11:30
M16 感情を知る(1) 10月3日 日曜日 9:30-11:30
M17 感情を知る(2) 10月17日 日曜日 9:30-11:30
M18 感情を知る(3) 10月24日 日曜日 9:30-11:30
M19 伝える技術(1) 11月7日 日曜日 9:30-11:30
M20 伝える技術(2) 11月14日 日曜日 9:30-11:30
M21 伝える技術(3) 11月28日 日曜日 9:30-11:30
M22 実践的アプローチ(1) 12月5日 日曜日 9:30-11:30
M23 実践的アプローチ(2) 12月12日 日曜日 9:30-11:30
M24 実践的アプローチ(3) 12月19日 日曜日 9:30-11:30
M25 実践的アプローチ(4) 1月9日 日曜日 9:30-11:30
M26 実践的アプローチ(5) 1月16日 日曜日 9:30-11:30
M27 実践的アプローチ(6) 1月30日 日曜日 9:30-11:30
M28 総合演習(1) 2月6日 日曜日 9:30-11:30
M29 総合演習(2) 2月20日 日曜日 9:30-11:30
M30 総合演習(3) 2月27日 日曜日 9:30-11:30
 
  • 申し込まれたシーズン内で欠席したモジュールは、以降のシーズンで同一モジュールを受講可能です。 但し、振替が可能なのは全体の3分の1(10モジュール)までとなります。それを超えると追加モジュール受講費(8,000円+消費税)が掛かります。
  • 振替受講が出来るのはCsメンバーズ会員に限ます。また有効期限は申込シーズンの開講日(M1の開催日)から2年間です。 但し、受講が困難な傷病、入院などのやむを得ない理由がある場合は考慮しますのでご相談ください。

 

受講費用

240,000円(税込 264,000円)

 
 

お申し込み方法

以下のフォームよりお申し込みください。